完璧主義の性格が災いして育児ノイローゼに他

育児の悩みはひとそれぞれです。

完璧主義でいままではうまくいっていても子供と一緒だとそうもいきません。

そんな自分自身じゃどうもうまくいかない育児の辛さについてまとめました。

 

神経質な娘の毎日の夜泣きに睡眠不足

37 歳

育児ノイローゼだった頃の原因として考えられるのが、神経質な娘が常に泣き止まず、夜泣きによる睡眠不足も祟ったことが挙げられます。私自身もはじめての育児ということもあってか、精神的に参ってしまっていたのだと思います。

育児ノイローゼを乗り切るために私がとった行動は、とにかく人に相談して、自分だけではないということを知ったうえで、少し子どもとの距離を置くことで解消を試みることにしました。具体的には、週末だけ仕事をしたり、ほんの数時間だけでも親に見てもらってカフェで寛ぐなど気分転換することで解決しました。

あまりにも一人で抱えすぎていたのだと思いますが、今となっては良い思い出となっていることもまた事実です。

 

育児にたいしてのやる気が全くでなくなった

26歳

症状としては育児に対してのやる気がまったく起きないようになり、子供に食事を当てる気にもならず、自分の食事もままならない状態が続きました。その影響で子どもも自分もやせ細り、力が出なくなりました。現在は症状は軽快しています。

専業主夫として家事と育児に専念していましたが、初めての子どもの為やり方がわかりませんでした。しかし、自分も子供も体調が崩れたので、妻に手伝ってほしいと相談したことで、悩みも打ち明けられて気持ちが楽になりました。

もっと早くから信頼できるパートナーに自分の悩みを打ち明けることが大事になります。善は急げという言葉が大切です。

 

完璧主義の性格が災いしてノイローゼに

33歳

子どもが1歳前後の時にノイローゼのような感じになりました。1人目育児で余裕がなく、手を抜くという発想もありませんでした。その頃は主人への不満がたまっている時でした。主人は育児に関して気が利かなくて、自分勝手だと感じていて毎日イライラしていました。

学生時代からの仲の良い友人たちとグループラインで色んなことを話していました。愚痴や育児相談、真剣な悩みからゴシップネタまでなんでもトークしてストレス発散になりました。
また支援センターで出会ったママさんたちと話すのも気分転換になりました。

もう少し手を抜いてもいいんだよ、子どもを少しくらい泣かせてても大丈夫だよ(過保護気味だったので)と言ってあげたいです。

 

夫婦仲も悪く育児の悩みを話せる相手がいなかった

30 歳

旦那の帰りがいつも子供が寝てからで、夫婦仲もうまく言ってなかったので育児の悩みを話せる相手もいませんでした。
また、実家も遠方で頼れる親族もいなかったし子供を一時預かりなどに預ける勇気もなかった。家に引きこもっていました。

市役所に相談してみると、付近に支援センターがたくさんある事が分かったので支援センターに出掛けるようになってからは、同じ育児の悩みを他のママ達と共有することで孤独感から抜け出したり悩みの解決策を情報交換したり気分転換にもなり、ノイローゼから解放されました。

ふさぎ込まずにとにかく今辛いことを外へ向けて発信する勇気が必要だと思います。あなたの居場所は家庭だけじゃないよと言ってあげたいです。