リステリントータルケア(紫)でも口臭が改善されない場合の対策方法

薬用リステリンRというのがあります。

製品ラインナップも様々あり、アメリカンなケミカルカラーが素敵ですね。飲んだら体に悪そうな感じがぷんぷんします。

https://www.listerine-jp.com/products

一番効果があるカラーはトータルケアの紫で、強烈な刺激と洗浄力と、ケミカルカラーで効果がある感は凄まじいです。

成分 (溶剤)エタノール(湿潤剤)ソルビット液(着香剤)香料《ミントタイプ》(溶解補助剤)ポリオキシエチレンポリオキシプロピレングリコール(薬用成分)塩化亜鉛、イソプロピルメチルフェノール(pH調整剤)安息香酸(矯味剤)サッカリンナトリウム、スクラロース(保存剤)安息香酸ナトリウム(着色剤)赤102、青1

https://www.listerine-jp.com/totalcare_plus

ポータルサイトはこちらにになります。

私もなんとなく愛用しているのですが、はじめこそ味覚が死んだぞ…大丈夫なのかこれというほどの刺激でびっくらこきましたが、この刺激こそ歯磨きしたなぁ感があっていまではお気に入りとなっています。

しかしながら、刺激はすごくポータルサイトでも口臭に効果があるとうたっていますが、正直リステリンだけでは口臭は改善されません。

せいかくには一時的な口臭の改善には効果があるのですが、しばらくすると臭ってくるといっていいでしょうか。

別にリステリンが悪いってわけではありません。

なんで口臭が改善されないかというのは、歯と歯の間の歯垢までは除去できていないからです。

1週間くらい面倒でデンタルフロスしてなかったんですが、まぁリステリンちゃんとつかっているからダイジョブだよなぁって思って久しぶりにフロスしたらびっくり

超くっさい

排水口とか三角コーナーの臭いがすごい、そして出血。

悪い血が溜まっていました。おそらく口臭もすごかったのでしょう。というわけでリステリンの液体洗浄で強力にウォッシュしたとしても歯と歯の間の歯垢の除去までは取れないということなんですね。

バイオフィルムといって幾層にもかさなったプラークが余計に剥げないでこびりついているということでしょう。いずれ歯石になるといったところ。

フロスで物理的にこそぐ必要があるんですね。

あと、リステリンの問題は口内の最近すべて抹殺するという点も問題。

強力な殺菌作用は善悪ともどもデストロイで、0になります。アメリカらしい発送、さすが核を日本に打ち込んだだけあります。

口臭を守ってくれる善玉菌まで抹殺してしまうのが問題で、悪玉菌が繁殖しやすい口内環境だと余計に口臭がキツくなります。

こういった場合善玉菌を着床させてあげるのが重要。リステリンを使用したあとは口臭サプリで善玉菌を増やす環境をつくってあげるとベターです。

>>口臭サプリランキング

チュアブルタイプの口臭サプリなら善玉菌の繁殖や、口臭の原因である臭い成分を化学的に分解してくれます。

朝になって口の中がベタベタしないという感じがあれば成功。

マスクをして口で呼吸して鼻で吸ってみれば自分の口臭がどんなかわかると思います。

よい環境だとやや乳酸菌ぽい臭いになりますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です